HOME > 矯正歯科

矯正歯科

矯正治療とは

矯正治療とはのイメージ

矯正治療は、歯並びを整えて見かけを美しく回復する治療との認識が一般的でしょう。しかし、歯並びが悪ければ噛み合わせも必然的に悪い状態にあり、そしゃく力が低下して全身の健康に大きな悪影響を与えていることになります。つまり、矯正治療とは、美しさと健康の両面に必要な治療方法であると言えるのです。悪い歯並びを総称して「不正咬合」と言いますが、これが身体にとって様々な悪さをします。

  • 食べ物が歯の間に挟まり、歯磨きがしにくく、その結果虫歯や歯周病になりやすくしてしまう
  • 食べ物をよく噛めないので、胃腸などの消化器に負担をかけてしまう
  • 上下の顎の発育や、顔の成長(変化)にアンバランスをきたし、不調和をもたらす
  • 上あごと下あごをつなぐ顎関節に負担がかかり、顎関節症(噛むと関節が痛い・口が開きづらい・関節がガクガク音を発するなど)になりやすい
  • 噛むために使用する筋肉(咀嚼筋)の発達に悪影響を与え、筋力のバランスが崩れ姿勢が悪くなる
  • 音(声)を発する構音機構に影響して、正しい発音がしにくくなる
  • 視力低下の原因となり、その結果学力や運動能力の低下を招きやすい
  • あまり噛めないことが、脳神経への十分な血流を妨げてしまい、老化の原因となる

矯正治療の開始時期

かみ合わせや成長の状態により異なりますが、乳歯と永久歯の生えかわりが始まる7~8歳頃から12歳頃に始められると良いと思います。
大人の方でも、あごの骨の中で歯を動かすことは、条件が整えば、何歳からでも可能です。ただ、早い時期に治療を始めると、あごの成長や発育をコントロールできるという点で、よりよい結果が得られることがあります。
最近は、歯科矯正治療を受けられる大人の方が非常に増えてきました。歯並びやかみ合わせ全体を良くする本格的矯正治療だけでなく、抜けた歯の部分に入れ歯やブリッジを入れる前の準備として、傾いた歯やゆがんだ歯を治すという部分的矯正治療まで、幅広い治療を行っています。傾いた歯や乱ぐい歯を部分的に治すことにより、歯を削る量や削る歯の本数が減ったりすることもあります。

乳歯から永久歯への交換期のお子様の場合
乳歯から永久歯への交換期のお子様の場合のイメージ

永久歯が生えそろうまでの期間、あごの成長コントロールや幅を広げたりしていきます。また、指しやぶりや口呼吸などのある方はその改善を行っていきます。装置が入っている間は月に1回程度の通院が目安です。これが、第一期治療です。第二大臼歯(12歳臼歯)まで生えそろった時、必要であれば、仕上げの治療として第二期の治療に入ります。場合によっては、第一期治療のみで終了する方もいます。

永久歯が生えそろった中学生から大人の方の場合
永久歯が生えそろった中学生から大人の方の場合のイメージ

ほとんどの方が、すぐにお口全体の歯並びを整えていくことができます。歯をあごの骨の中で少しずつ時間をかけて動かしていきますので、1年半から2年ほど時間が必要です。この間、通院は1カ月に1回程度です。

治療が終わったあとは…

きれいな歯並びになった後は、歯やあごが正しい場所で安定するように、後戻りを防ぐ治療が1年半から2年行われます。
この間は通院は 2~3カ月に1回程度です。

矯正歯科治療の流れはこちらClick

不正咬合の種類

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

顎が小さかったり、顎に対して歯の幅が大きい場合に起こります。
歯の生える場所が足りないので、凹凸に生えたり、重なり合って生えています。

空隙歯列弓

顎が大きかったり、歯の幅が小さい場合に起こります。
歯の間が開いていて、歯列に隙間ができています。

過蓋咬合

噛み合わせが深く、下の歯列が上の歯列に覆われて見えなくなっています。

切端咬合

上下の前歯が先端で噛み合う状態になっています。

上顎前突(出っ歯)

上の前歯や歯列全体が前に突き出ている状態をいいます。

開咬(オープンバイト)

顎を閉じて咬み合わせても、上下の歯に隙ができています。

叢生(乱ぐい歯・八重歯)

下の前歯が上の前歯より前に出ています。

お問い合わせ