HOME > 口腔外科

口腔外科

口腔外科とは

口腔だけの外科のように思われがちですが、口腔、顎、顔面ならびにその隣接組織に現れる先天性および後天性疾患をあつかう科です。
エナメル上皮腫などの良性腫瘍、口腔癌と言われる悪性腫瘍、顎顔面領域の骨折・外傷、顎骨骨髄炎・蜂巣炎などの炎症、唇顎口蓋裂などの先天性疾患、顎変形症、白板症などの粘膜疾患、顎骨嚢胞、顎関節疾患、口腔インプラント治療など多岐にわたっています。

口腔外科にかかる時の主な症状

顔に関する症状
  • 事故で顔面を打撲した
  • 顔の左右が非対称である
  • 開眼や顔の表情に支障が出た
  • 顎や頬がはれてきた
  • まぶたがぴくぴくする
顎に関する症状
  • 顎を骨折した
  • 下顎が出ている
  • 顎が小さい
  • 顎がねじれている
  • 上下の噛み合わせが悪い
  • 顎の関節の音がする
  • 口が開かなくなった
  • 顎が痛い
  • 顎がはずれた
舌に関する症状
  • 味覚障害がある
  • 舌がただれる
  • 舌が黒くなった
  • 舌がしびれる
歯・歯茎に関する症状
  • 歯が正常に生えてこない
  • 時々痛くて歯茎が腫れる
  • インプラントをしたい
  • 歯を抜いたが後の治りが悪い
  • 歯茎が腫れた・血が出る
  • 歯が折れた
  • けがをして歯が抜けた
  • 歯が痛い
  • 虫歯がひどい
  • 歯並びが悪い

親知らずとは

乳歯から永久歯に生えかわった後に、一番奥に生えてくる歯のことで15~30歳頃に生えてきます(全ての人という訳ではなく生えてこない人もいます)。
親知らずは多くの場合、斜めや横向きに生えてくるため隣の歯や歯茎に悪い影響を与えます。その場合、取り除くなどの処置が必要です。
しかし、まっすぐに生え正常な歯として食べ物を噛み潰すなど、
しっかりと機能している場合は抜く必要はありません。

顎関節症とは

顎(あご)は微妙に入り組んだ形と複雑な機能をもっています。
ここには筋肉と関節と神経が集中し、下の顎をささえています。
食事をしたり、おしゃべりしたりすると連動して動いています。この顎の関節やその周囲が何かの原因で痛みや動きにくくなるのが顎関節症です。

最近、あごの関節の不快感を訴える方が増えてきました。
あごが思い通りに動かず、食べ物が噛みにくい。
あごを動かすと不快な音がする。
痛みを感じて口が開かない。

さらに症状は顎ばかりでなく、肩こりとか、腕や指のしびれ、偏頭痛、耳や鼻にも不快感を
覚えることもあります。
このように症状は広範囲にわたり、人によっては軽い症状から重い症状まで、個人差が大きいのが特徴です。
顎関節症の多くは適切な対処で、日常生活に支障をきたすことがない状態にもっていけるものです。
重い症状の場合、ほうっておくと、進行してあごの機能が完全に破壊されてしまうこともまれにあります。
症状があれば早めの診察をお勧めします。

あごが痛い、口が大きく開けられなくなった

こんな場合は、顎関節症が疑われます。
症状としては口を開けたり閉じたりする時に顎関節でカックン、コッキンというような音がします。
症状がある場合は硬いものを食べたり、無理に大きく口を開けたりしないようにしましょう。
痛みがあり、口がスムーズにあけにくくなった場合は
口腔外科での受診をお勧めします。てしまうこともまれにあります。
症状があれば早めの診察をお勧めします。

お問い合わせ